業務効率の改善を目指すのであれば賃貸管理システムは必要不可欠

手を合わせる

自社の業務内容と照らし合わせて賃貸管理システムを選ぶ

シャツのボタン

不動産管理システムを選ぶポイントの一つが自社の業務内容とのマッチングです。不動産管理システムと一口に言ってもいろいろな種類があります。賃貸業務は多岐に渡るため、どの業務に強いかによって同じ不動産管理システムでも業務に与える大きく変わります。賃貸管理業務全般にわたってサポートしてくれる不動産管理システムもあれば、特定の業務に特化したシステムもあり目的によってふさわしい選択肢は異なります。
賃貸管理業務の効率化を実現するためには、自社の業務内容にマッチングした不動産システムが求められます。例えば仲介業務を広くて負ける会社なら契約書の作成や広告の管理などの募集関連業務のサポートが必要です。管理物件が多ければ扱えるデータ数の上限が多くないと業務に支障をきたしてしまいます。集合住宅を長期にわたり賃貸管理するのなら長期修繕計画を管理できるシステムが必要です。
どんなに機能が充実していても必要とする機能が不足していれば不動産管理システムは業務効率を改善しません。逆に言えば機能が絞り込まれていても必要とされる機能さえあれば業務には十分活用できます。
自社の業務内容をきちんと把握していなければベストマッチの不動産管理システムを導入できません。経営側の判断だけでなく、現場の声も聞きシステム選びの基準にしましょう。

不動産を所有するオーナー向けの賃貸管理システムとは?

不動産を自主管理されているオーナー様の場合、賃貸管理の業務負担軽減は切実な問題です。オーナーによる直接管理はコストが削減できるという大きなメリットがありますが、煩雑になりがちな賃貸管理業務負担が大きく業務の処理に苦労しているケースが少なくありません。
物件を自主管理するオーナーを強力にサポートしてくれるのが不動産管理システムです。不動産管理システムを導入することで面倒な事務作業負担が軽減され、無理なく物件を自主管理することができます。
不動産管理システムの中には自主管理するオーナー向けに機能が特化されたシステムもあります。クラウド経由で管理会社と連携が取れるので、必要な時に速やかにサポートを受けることができます。
定期的なメンテナンスだけでなく事故やトラブル発生時の対応、退去時の鍵の交換、物件のリフォームなど賃貸管理を自主的に行う際に必要とされるサポートの大半を不動産管理システムから利用できます。管理会社とのやり取りに時間がかからず緊密なコミュニケーションが取れるのできめ細かい賃貸管理が実現します。
契約書の作成や契約更新など賃貸管理において最重要とも言える契約関係の業務もサポートしてくれるので、慎重さが求められる業務も安心してこなせます。

ネットとの連携を強化する賃貸管理システム

賃貸物件を探す人の多くがネットを利用している現在、勤怠管理業務でもネット対応の強化は必須です。不動産管理システムもネット対応機能がされており、特にクラウド型の不動産管理システムを導入することで業務負担を増やすことなく現在の賃貸管理をネット対応させることができます。
特に注目を集めている機能が入居者への通知や連絡にSMSを活用する機能です。携帯電話番号宛にショートメッセージを送信するSMSは短いメッセージであればの一度の操作で対象者全員に通知を送ることができます。これまでの賃貸管理では郵送や電話連絡が主な通知手段でしたが、不動産管理システムに携帯電話番号を入力するだけで作成したメッセージを簡単にSMSで一斉送信できます。
入居者限定の掲示板を設置すれば、会員制のSNSのようにができます。重要な連絡事項をマンションロビーの掲示板だけでなくネットの掲示板にも掲示しておけば、通知漏れの心配も少なくスムーズな管理が実現します。
ネットを使いこなしているのが当たり前の若い世代を対象にした賃貸管理では、サービスのネット対応が重要になります。不動産管理システムを導入することで追加負担を抑えつつ現在の業務をネットに対応させられるので上手に活用してください。